織田コレクションとは

Top画像.jpg織田コレクションとは、織田憲嗣氏(東海大学名誉教授)が、長年かけて研究対象としている近現代における優れたデザインの生活日用品に関する資料群を指します。それらは、家具では椅子やテーブル、キャビネットなど、また、テーブルウェアでは、食器やカトラリー、花器やキャンドルスタンドなど、さらに木製玩具や照明器具など多岐にわたる優れたデザインの生活日用品の数々です。
コレクションの中核をなすのは、今や1350点を超える古今東西の名作椅子と呼ばれるものです。特にデザイン史における北欧モダンと呼ばれるミッドセンチュリーの品々に、コレクションの厚みがあります。プロトタイプ(原型)や図面を始め、文献などの資料も含めて系統的に集積されているため、近代デザイン史の変遷を生活日用品の面から俯瞰できる学術的にも極めて貴重な資料です。
個人による椅子のコレクションとして、その質と量は世界のデザインミュージアムを超える第1級の資料です。
最近では、世界の各地で行われる各種デザイン展においても、織田コレクションの評価は高まる一方で、世界から注目を浴びる内容となっております。


椅子.jpg

椅子

収納家具.jpg

収納家具

その他家具.jpg

その他家具

陶器.jpg

陶器

陶器オブジェ.jpg

陶器オブジェ

ガラス器.jpg

ガラス器

ガラスオブジェ.jpg

ガラスオブジェ

ウッドクラフト.jpg

ウッドクラフト

ウッドオブジェ2.jpg

ウッドオブジェ

台所用品.jpg

台所用品

フラットウェア.jpg

フラットウェア

その他.jpg

その他